障害の特性を理解し、受け入れ体制を整えることが最も大切です。

詳しくはコラム「障害者採用をする上で気を付けるべきこと」をご覧ください。