障害者を雇うことで、業務を分担でき、どれだけ負担が減るのか可視化して伝えることをお勧めしております。また、インターン制度を利用することで実際に体感することも有効です。