企業様ごとに相談させていただいてますが、一般の社員と同様に「仕事に見合った給与」を推奨しております。また、どうすれば障害がある社員が一般社員と同じ給与水準に出来るかを考えることで、職域開発にもつながります。