どのような業種でも社内の業務を整理することで、「障害のある社員に任せる仕事」と「障害のない社員に任せる仕事」に分けることが出来ます。

詳しくはコラム「知らないと損するかも!?障害者雇用をあきらめる前に確認しておきたいこと」をご覧ください。