会社が変わる!?押さえておきたい業務効率化3つのポイント

職場で、

✔︎今の業務に無駄を感じる‥

✔︎どこに何が管理されているかわからない‥

✔︎あの人がいないと業務が進まない‥

と思うことはありませんか?

そんな多くの職場に存在する課題は、発達障害の方にとって大きな障壁となってしまうだけでなく、

既存の社員の業務効率を下げてしまう要因ともなりかねません。

これらの悩みを解決し、

障害のある社員はもちろん、誰もが力を発揮できる環境を構築するためのポイントを3つご紹介します!

業務効率を上げる3つのポイント

◯ポイント1属人的な仕事をやめ、誰でも出来るようにマニュアル化する

ある人にしかできない属人的な業務は、

何かあった時に止まってしまったり、また誰もチェックできないので大きなミスに繋がってしまったりと、業務効率を下げる原因になってしまいます。

そのため、

「誰がやっても同じ結果が得られる」

ようにして、安定して業務を回せる仕組みを作るために、業務をマニュアル化することが大切になります。

 ◯ポイント2:物の配置を工夫する

どこになにがあるかわかりにくかったり、社員の動きにそぐわなかったりする物の配置が、気づかないうちに業務を阻害してしまうことも。

そこで例えば、

✔︎物を番号付けする

✔︎物の配置を揃える

などのちょっとした工夫が、実は業務効率を上げる有効な手段になります。

◯ポイント3:適材適所の人材配置を整える

それぞれの社員が苦手な業務を任され、得意な業務に集中出来ない状態は、人的リソースを無駄にしています!

それぞれの強みを配慮し、仕事の割り振りを見直すことで、

社員が今までの業務と同量の業務を短時間でこなせるようになり、業務効率を上げることに繋がります。

業務効率化することのメリット

業務効率を上げると、今まで時間のかかっていた業務が早く終わり、その分工程が空きます。

この「工程に余裕ができる」というのはたいへん魅力的なことで、

例えばその余裕を、

✔︎売上を上げるために本当に必要なコア業務

✔︎以前からやりたいと思っていた新しい事業

に回すことも可能になります。

第三者に頼るのも一つの手

今回は業務効率化の重要なポイントとして、

①マニュアル化する

②物の配置を工夫する

③適材適所の人材配置を整える

の3つをご紹介しました。

しかし、これらをすでに自社でやっているが、なかなか効果が実感できない、という方もいると思います。

内部のみの視点で社内を改善をしていくのは、様々なバイアスが邪魔してなかなか難しいもの。

現場を根本から改善したいなら、一度第三者に見てもらうのも一つの手かもしれません。